2014年2月24日月曜日

コラム_2


■出張うんち教室研修会■

 

2009年より小学校の先生を対象に「うんち教室研修会」を実施しています。2013年からは新たに地域に密着した“出張うんち教室研修会”がスタートしました。

 
1回目は、足立区立東伊興小学校の養護教諭の渡部先生より、足立区でもっとうんち教室を広めたい!という熱いアプローチを頂き、区内の養護教諭19名に参加頂きました。同じ地域で集まるので、顔見知りも多く、和やかな雰囲気で研修会がスタートしました。

 
王子ネピアが実施している『千のトイレプロジェクト』についての説明に、参加した先生からは「日本の子どもたちは恵まれた状態で生活をしているので、世界のトイレを知ることで体・病気などに興味が持てる」という声もありました。


千のトイレプロジェクトについて説明する王子ネピアの大堀さん


“うんち王子”が登場し、うんち教室で使用しているパネル等のグッズも紹介しながらうんち教室実施方法について学びます。


うんち王子によるレクチャー

子どもたちに興味を持ってもらうには “見た目”が大切ということで、うんち王子の衣装や、手作り小腸、うんちの種類のパネル等、とても熱心に見ていました。



グッズを熱心に見ている先生たち

学校におけるトイレ環境の課題、改善プログラム、期待する効果などを整理し、「うんち教室」の実施方法についてグループで話し合います。




グループワークで実施方法の意見交換
グループごとの発表

歌に合わせて、お母さんや栄養士さんが登場しながら、うんちの大切さを学ぶショートストーリーは、テンポ良くとても分かりやすい内容でした。


東伊興小学校渡部先生によるデモストレーション


 “出張うんち教室研修会”は、同じ地域で集まることで、安心感も生まれ、とてもアットホームな雰囲気で実施することができました。この研修会をきっかけに、地域の養護教諭の連携が生まれ、お互いに情報交換をしながらうんち教室が活発に広がっていくことを期待します。



うんちポーズで集合写真!


【参加した先生の声】==============================

「うんち指導の大切さについてはずっと前から感じていて、保健指導で実施したことはあったのですが、これがいいというものがなかなかみつからなかったので、今回の研修で自分の中でイメージできて良かったです。」

「指導に使用する教材を実際に見ることができ、参考になりました」

========================================




0 件のコメント:

コメントを投稿